赤ちゃんとつくる快適な住まいづくり

 

皆さんこんにちは。たまえの読書感想文へようこそ!

暑がりなたまえでも寒く感じる今日この頃。

そろそろ本格的に冬到来ですね!

とうふめんたるず 豆腐メンタル とうふめんたるずの日常 とうふめんたる 本 たまえ 読書 読書感想文 ライフ 子供 赤ちゃん 暮らし

 

生まれてくる赤ちゃんは、冬生まれ。

これからさらに寒くなっていく中で、どう過ごしていったらいいのか。

着るものは?(最低限は買ったけど)

年齢・季節によって買い足すものは?

ストレスなく暮らすためのお部屋づくりは?

育っていくにつれて、家事とかの負担はどうなっていくの?

初めてのことばかりで、頭の中には「?」だらけ。

考えてもわからないので、インスタとかオシャレママの投稿を見てみるけど

素敵!!・・・だけど、情報が断片的で全体のことはよくわからない・・・

誰かひとり、参考にしてみようと思い、手に取ったのがこちらの本。

 

赤ちゃんと暮らす

著者:本多さおり

 

たまえの知りたかった「モノ選び、収納、スペース作り、そして家事」のことが全部載っており、

しかも、妊娠から子供が1歳になるまでのことが順を追って書いてあるので、1年後までまるっと参考に出来る!

時間のある今のうちに見つけて読めたのは、ラッキーだなと思います。

著者の本多さおりさんにすごく共感したのは、「出来るだけモノを増やしたくない」「自分の時間も欲しい」「子供にとっても自分にとっても暮らしやすい家にしたい」ということ。

産休に入ってから自分の家やお世話になる実家を掃除していて、モノが増える=片付けや掃除が増えるということが身に染みてわかったので、上の3つはぜひ参考にしたい部分でした。

そして、なるほど!と思ったのは、以下の2点。

①まずは「るもので代用する」ことの大切さ。

子供の成長に合わせて柔軟に部屋の収納やスペースを変えていくことの大事さ。

 

子供が出来るとなると、ついつい新しい収納や子供用のものを買ってしまいますが(それが楽しかったりもするのですが)

どんどん買っていくとモノは増えるばかり。

しかも、モノや収納は子供の成長によって変わっていくもの。

買ったけど一時しか使わず捨てるハメに・・・なんてことも。

なので、「子供用」ということにこだわらず、大人用でも使えるものは使う!

新しく買うものは、出来るだけ応用がきいて長く愛用出来るものを選ぶ!

本の中には、本多さんがこだわって買ったものの紹介や

子どもの成長に合わせた収納方法の見直し、収納道具の使いまわし、が具体的に載っているのでとても参考になりました!

 

さらに本多さんは、お子さんが1歳になるまでに一度お引越しをされているのですが

その時の断捨離っぷりと、新しい家では、まずはあるものだけで工夫して生活する様子

家具の配置は子供の成長に合わせて変える賢さと柔軟さ

がとても参考になりました!

使いにくいなと感じたら、即改善!

その繰り返しが、暮らしやすい家をキープする秘訣なんだなと思いました。

 

この本を読んでる間にも、

我が家に帰ったときは、リビングの配置を変えてみよう、子供の収納はあそこにしてみよう!

とアイデアが沸いて、わくわく。

 

また、本多さん以外の方のリアルな育児事情や、買って良かったもの、育児中のストレスの解消法なども載っており、それも凄く参考になりました。

(買って良かったものは読みながらネットで検索!)

 

頭の中にあった「?」がいくつも解消され、たまえも本多さんのように一言日記つけようかな~

なんて前向きな考えも生まれたり。

 

気になる部分があれば、ぜひ参考にしてみてください!

 

たまえ


★とうふめんたるずLINEスタンプ!絶賛好評発売中!★

GODDA.ENTのLINE スタンプ一覧 | LINE STORE
LINEの公式オンラインストアで『GODDA.ENT』のスタンプをチェックしよう!

★とうふめんたるずLINE絵文字も絶賛好評発売中!★

GODDA.ENTのLINE絵文字一覧 | LINE STORE
LINEの公式オンラインストアで『GODDA.ENT』の絵文字をチェックしよう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました