隠蔽捜査 -ハマると他の小説がつまらなくなってしまう怖さ-

今野敏さんの代表作とも言える「隠蔽捜査」

正直言って、今まで今野さんの著書を読んだことがなかったたまえ。

こんなこと言ったら怒られそうだけど、表紙も重視するたまえからすると

今野さんの凄さを知らなかったら、絶対に手に取らないであろう表紙の本…笑

隠蔽捜査

著者:今野敏

出版社:新潮文庫

今野さんと一緒にお仕事されてる方に薦められて読んだのですが、面白い…!!

警察の小説ということで「事件が起きて、解決して終わり」かと思いきや、違うんです。

ただ事件を解決するだけの刑事モノじゃないんです。

事件を追いかけながら、

警察という機関がどういうものか

エリートと言われる官僚はどういった人なのか

はたまた、少年犯罪を罰する法律はこれでいいのか(本編に関係あり)など

世の中の事実や作者の意見が、主人公「竜崎伸也」や幼馴染の「伊丹俊太郎」、そしてその周りの人々の言動から語られる小説。

たまえからすると特殊過ぎて、途中で「小説だよね?」と誰にでもなく確認してしまったほど。笑

読んでる間に、ちょっとだけ、「警察」にも詳しくなります。

(警察庁と警視庁の違いとか)

主人公の竜崎は、

(あくまでたまえの印象は)

東大出身で警察官でキャリアを務める、いわゆる「凄い人」

いいように言えば古風で、

家庭は妻にまかせっきり(それが当たり前と思ってる)

父親の仕事は稼ぐこと

国を守るのが俺の仕事

正しい事しか言わない

今の世の中だと、ひと悶着ありそうな性格で、

たまえが、友達にも夫にもしたくないタイプの人。笑

だから最初は、表紙もさながら、出てくるキャラも出会ったことないタイプだ…

なんて思ってたのですが、なぜかハマるのも早く。(本に没頭しやすいからか)

ハマってしまえば、その「一貫した考え方」がかっこよく思えてきてしまいました。

かっこよく見えてくるまでは、

いつでも仕事に行けるようにコンビニ行くのもスーツだなんて

数日帰らないのも当たり前だなんて(私が家族だったら嫌だな)

ほら、家庭をおろそかにしてるからこんな事件が起こるんでしょ(詳しくは本編で)

なんて思ったりもしたけど、

結局、竜崎は、自分にも周りにも嘘をつかず、自分の信念を貫き通し、正しい事を言い続け、事件を解決しちゃうんです。

人の命まで救ってしまうのだから、凄すぎる。

男なら、いや、かっこいい女を目指す女性なら、このストイックさは憧れてしまうと思います。

ギャップにもやられ、すっかりファンになってしまいました。

嬉しい事に続編もあるので、さっそく買おうとしてるたまえ。

表紙の好みも大事だけど、そこに縛られてると出会えない本もあるんだな。

これからは表紙だけで決めるの、ちょっとだけやめようかな(優柔不断)。

なんて思うきっかけにもなりました。

これを読んでいるあなたにも、新しい本との出会いがありますように。

たまえ


★とうふめんたるずLINEスタンプ!絶賛好評発売中!★

GODDA.ENTのLINE スタンプ一覧 | LINE STORE
LINEの公式オンラインストアで『GODDA.ENT』のスタンプをチェックしよう!

★とうふめんたるずLINE絵文字も絶賛好評発売中!★

GODDA.ENTのLINE絵文字一覧 | LINE STORE
LINEの公式オンラインストアで『GODDA.ENT』の絵文字をチェックしよう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました